05 11月

「22山麓」だより 5

「22山麓」だより 5


背もたれのある長椅子に座って、夏の空を見上げている。

♪世界中の汽車をつなげて まだまだ足りない長い橋♪

鳥海山に向かって左の日本海の方から煙を吐いた汽車がやって来る。橋をつなげないと大変だ。 ピースに急いで橋を描いては はめ込んでいく。

今でも、そんなひとり遊びをしていることに気づくこ

とがある。

空にらくがき かきたいな

    いっぱい いっぱい かきたいな

かきたいな

世界中の鳥が食べても

食べきれないようなリンゴの木

    空に大きくかきたいな

シュシュシュシュ シュシュシュシュ

かきたいな

                 世界中の犬がほえても

驚かないようなブルドック

 世界中の汽車をつなげて     まだまだたりない長い橋

先の号に、カジカガエルがいて欲しいことを話題にしたが、ここ「22山麓」でも、カジカガエルが鳴いていた。蜩は午後の部に啼く。日の出前から鳴いている声?このところ意識していたので、それがカジカガエルの鳴き声だとなった。

エンドレスの川の水音に、明け方に重なりだすカジカガエルの鳴き声。お日様が昇りだすと小鳥のさえずりが急になり、オイラは窓から「おはよう」と呼びかける。しばらくすると、オイラのゴム長を履いた家人のぶかぶか長靴のガブガブ音。不規則に鳴ったり止んだり。花の枝を切る鋏の音。不規則に鳴ったり止んだり。店に飾る秋色アジサイの水揚げ作業をしているようだ。「22山麓」の朝の音が融合していく音風景を楽しんでいる。

森の中では、末宗美香子さんの森のインスタレーション展の準備中。4m~5mのガーゼ布地に描いた作品。6~7mの高さから下げる設置が一日がかりとなる。店の中では、柳原良平さんの船と海の版画展を開催。アンクル・トリスの優雅な船旅をお楽しみに。                          (B)

2018.8.1

02 11月

「22山麓」だより

 「22山麓」だより

 

石田典子さんの春の作品展を『花と街』とした。

江間章子さんと團伊玖磨さんコンビの『花の街』

が口をついてでた。

ラジオから流れた都会的でお洒落な歌だったなぁ。

 

七色の谷を越えて

流れていく風のリボン

輪になって輪になって

かけて行ったよ

春よ春よと

かけて行ったよ

 

美しい海を見たよ

あふれていた花の街よ

輪になって輪になって

踊っていたよ

春よ春よと

踊っていたよ

 

すみれ色した窓で

泣いていたよ街の角で

輪になって輪になって

春の夕暮れ

一人さびしく

泣いていたよ

 

初めて返信用封筒を入れて投函した先は、日本放送協会「みんなのうた」係だった。

「おお牧場は緑」の伸びやかな歌声に少年は「牧場」にシフトした。送られてきた

楽譜は、二つ折りでなく三つ折りになった洒落た楽譜だった。TVの前に座って大きな声で歌った。「みんなのうた」の本が発売された頃に、三つ折りの楽譜の姿は消えた。

「22山麓」で歌うこともなくなった昨今、この日、風呂に入っても歌っていた。久々に歌った。歌うことを忘れていたなぁ。

 

※「22山麓」は、鳥海山の標高2236Mをオリジナル名詞にした造語です。