20 8月

翠の窓vol.12 : かの山かの川

かの山 かの川

 

先日、ハンガリープロムジカ女声合唱団のコンサートに出かけた折り、最後のアンコール曲に日本の『ふるさと』が歌われた。指揮者のサボーさんに促され一緒に歌いながら浮かんできたのは、「山は青きふるさと水は清きふるさと」の歌詞そのもののこの遊佐の山川だった。

 遊佐の袋地に移り住み始めて3年になるが、その間我が家の敷地から裏手の小川の土手へ、裏の沼の周辺へと藪を払いながら草刈りをしていくと、自然に蛇行している川筋がはっきりと見えてきた。更に、いつからか川底に沈んでいたビニルや鉄片などを取り除いていくと、淀んでいた流れが澄んだ流れに変わり川底が姿を見せるようになった。

 川底が姿を現すとカワセミを頻繁に目撃するようになり、近頃、家の前の川で鴨がスイスイ行ったり来たりする姿を見たときには、しばし興奮! 草刈りが趣味だねとからかわれながらも日課のように続けてきたことが、こんな形で報われるとは・・・大満足である。

 先日は、男の子が二人お父さんと川に入って遊んでいる光景を目撃した。嬉しくなって駆けつけると、どうやら魚採りをしている様子。何が採れると聞くと、

「アブラハヤだね。後ろのバケツに入ってるよ。」

と、お父さんの弾んだ声が返ってきた。昔とったきねづかというところか。まさに、「こぶな釣りしかの川」の歌詞そ のもの。

 お盆休みの最終日のなつかしい「ふるさと」の光景は、男の子たちの「ふるさと」の光景としても受けつがれていくだろう。

(B)

2009.8.20

山は青きふるさと 水は清きふるさと

山は青きふるさと 水は清きふるさと

13 8月

翠の窓vol.11 : うちわの風

 

団扇

団扇

  うちわの風

 

 デパートのショーウィンドウに、透かし模様も艶やかな大振りのうちわを見つけました。とてもおしゃれ、欲しいなと思って値段を見ると、なんと0が4つも!

 7月、ちょっと蒸し暑いなぁと感じるようになると、幾つか持ち合わせているうちわを出しておきますが、うちわを見ると決まって思い出すことがあります。

 小さい頃、蒸し暑い夜の寝入りばなに、母がうちわで涼しい風を送ってくれたこと。左右に行ったり来たりする涼しい風を感じているうちにすうっと眠りにつくことができました。あのやさしい風の感触と気持ちの良さがよみがえってくるのです。

 あの頃は、エアコンは元より扇風機もまだ家になかった時代、うちわが必需品でした。

 母が使っていたうちわは、町のお店の宣伝が入ったもらいものだったように思います。万単位のおしゃれなうちわを使ってみても、母が扇いでくれたあの風に勝る風は味わえないでしょう。

 蒸し暑い夜、その度に、母のあのやさしく涼しい風があったらなぁと思いながら自分で自分に風を送ってみます。

 遠く遠くなつかしい思い出です。

(Y)

 2009.8.13

ある日の午後 うつらうつら

ある日の午後 うつらうつら

02 8月

翠の窓vol.10 : とうとう1000人!

vサイン とんぼもv

vサイン とんぼもv

とうとう1000人!

 

   Suiをオープンして4ヶ月目に入り、とうとう1000人目のお客様をお迎えしました。

 8月1日、999人目の方が帰られたのは4時を回っていました。1000人目の方は明日へ持ち越しかなと思ったところへ、車が入ってきました。さて、どなたかしらと心待ちにしていましたら、何度か来店していただいているAさん夫妻です。奥様の方が先に入られたので、1000人目は奥様ということに。ギャラリーの小さなカップを記念品にお渡ししました。

 1000人ものお客様にご来店いただきましたこと、心から感謝申し上げます。                 

 リピーターになってくださっている方が、その都度新しく知人をお連れくださることも多く、いわゆる口コミの力の大きさと有難さを感じているところです。経営としてはまだまだ課題が大きいのですが、中には「大人の隠れ家にしておきたい」と言ってくださる方もいらして、そのような思いも大切にしていきたいと思っています。

(Y)

2009.8.2

 

「一期一会」  翠の玄関

「一期一会」  翠の玄関