26 9月

翠の窓Vol.15 : 椿庵

椿庵

 

若い頃から『赤』い色に心ひかれることが多々あったように思います。

女性誌で「椿庵」の紹介記事を見たとき、そこに展示されていたシックな赤に目を奪われました。

椿庵は、能登の七尾市に九谷焼陶芸家の吉田洋子(よしだひろこ)さんが作られた茶室兼ギャラリーです。長年いつかは訪ねてみたいと願ってきたことが、Suiをオープンしたことで実現しました。

金沢美術工芸大学を出て「椿庵」を築いた吉田さんは、いろいろな工芸展・美術展で受賞を重ね、昨年はウェッジウッド本社デザイン室に派遣され新しい技に挑戦するなど、活躍めざましい方です。

竹林の中に建てられた椿庵は、壁も床も総桐のすっきりしたモダンなたたずまいで、午後の日差しが移ろうままに、竹林を通った光を室内に映す幻想的な空間をつくっていました。笹の葉が風に揺れると室内に届いた光もゆらゆらと揺れ、一緒にゆれているような不思議な気分になります。

そこに飾られた赤絵の蓋向、平皿、キャンドルスタンド、花生け・・・ いずれもあの雑誌で釘付けになった『赤』を目の当たりにしました。

クリスマス、お正月の食卓にはぴったりだなあと、いろいろなイメージがわいてきますが、日常的にも、食器棚の中や食卓にこの赤が一つ二つ置かれるだけで、心楽しく、華やいだ気分にしてもらえそうです。

 

Suiのテーブルで、モダンな赤絵の器を手にとってご覧ください。(10月1日より展示します)

皆様の食卓に、きっと華やいだ彩りを添えてくれることでしょう。

(Y)

2009.9.26

110514_2127_Vol151.jpg

 

17 9月

翠の窓vol.14 : 北陸へ

北陸へ

 

 近頃は車で移動することが多くなりましたが、横浜にいた頃は、週末を待ちかねて足の向くまま気の向くままに電車の旅をしていました。降り立った所で散策し美術館

に入り、時間の具合では宿泊したりしなかったりの自由気ままな旅です。

 持ち物はショルダーバッグ一つ、手には乗り降り自由のトクトク切符一枚という気楽さです。

 今週、久し振りに電車に乗って一人旅、能登の七尾に行ってきました。今回は、九谷焼の窯を開いている作家さんを訪ねるという目的がありました。

 新潟までは、馴染みがありますが、その先、特に石川県以降は馴染みが薄く、特に能登となると「遠い」「電車の乗り継ぎが面倒そう」という先入観がありましたが、時刻表をよくよく見ていくと、乗り継ぎは2回で済みそうです。

 酒田を早朝5時42分の特急に乗ると、金沢にはお昼前に、七尾には1時前に着いてしまいました。あっけない位です。これならば、魅力的な焼きものの多い金沢周辺に気軽に出かけられるなあと嬉しい発見でした。窯元での用件を終え、ホテルに着くと、

「お荷物をお持ちしましょう。」と、宿の仲居さん。

「いえ、これだけですので。」と、相変わらずショルダーバック一つの私。

 仲居さんが、えっという顔で差し出した手のやり場に困ったみたいです。

 今回お訪ねした窯元は、七尾の椿窯です。吉田洋子(ひろこ)さんという女性が焼く『九谷焼赤絵』の魅力的な作品を10月1日よりご覧頂きます。どうぞお楽しみに。

(Y)

2009.9.17

 

咲き出した「イワシャジン」

 

 


03 9月

翠の窓vol.13 : 飲む玄米

飲む玄米

 

 「玄米コーヒーって、玄米とコーヒーを混ぜているの?」と聞かれたことが何度かありましたが、耳新しい名前もSuiではおなじみになってきました。

 耳慣れない飲み物名にも関わらず、オープン当初よりオーダーしてくださる方が多く、「香ばしい」「おいしい」の声に励まされてきました。

 玄米コーヒーは、玄米100パーセントのコーヒースタイルの飲み物、もちろんノンカフェインです。

 豊かな湧き水の中で梅花藻 満開

豊かな湧き水の中で梅花藻 満開

 原料となるお米は、鳥取県大山で、農薬や化学肥料をそれぞれ5割減・9割減し、さらに有機堆肥を使用して生産された特別栽培玄米(残留農薬0%)です。

 それを焙煎し玄米コーヒーを作っているのが松尾信一郎さん。玄米を原料とする飲み物の開発を志してから納得のいくものの誕生まで、なんと12年もの歳月をかけ、試行錯誤の末、古代の知識「黒焼き」を応用した焙煎を行い、香りとコク・苦味を醸し出すことに成功しました。

玄米が健康維持に果たす役割の大きいことは周知のことですが、玄米ご飯を常食にすることに手が出ない方にも、玄米コーヒーならば手軽に玄米の栄養価を得る ことができるでしょう。松尾さんが開発した特殊製法によって、玄米コーヒーは白米の28倍にもなる食物繊維、抗酸化物質や多種のミネラル・ビタミンを含ん でおり、焙煎により算出する玄米ポリフェノールも多く含んでいます

玄米コーヒーは、まさに『飲む玄米』なのです。今日一杯の玄米コーヒーが、

あなたの心身を浄化してくれることでしょう。

(Y) 2009.9.3