30 6月

翠の窓vol.39 : ここは蛍の里

 

1匹2匹3匹・・・と数えていては追いつかないほどの蛍が、今夜もその光を点滅させています。Suiのすぐ横の農道に沿って流れる小川の上です。

黒々とした杉木立を背景にして、右に左に上に下に、時には杉の木の高さを越えて舞い上がる蛍もいて、それはそれは優雅な光が行き交います。数えられるほどの蛍かとみえて、ある瞬間思いがけない数で一斉に光ることがあって、相当数の蛍が集まっていることが分かります。

例年、北側に広がる田んぼの脇の小川に始まって、ここに蛍が見られるようになると、そろそろ蛍の季節もお終いという感じだったのが、今年はちょっと様変わりして、ここが一番見ごたえのある場所になっているようです。

贅沢なことに家の中に居ながらでも蛍見物ができますが、小川の流れの音や蛙の声をBGMにそぞろ歩きしながら、あるいは農道に椅子を出して、蛍を眺めることがここ一週間ほど我が家の夜の楽しみです。

先日、Suiのお客様でまだ蛍を見たことがないという若い方がいて、この幻想的な夏の風物詩を知らないなんて・・・ 遠く幼い日初めて蛍を見た時の思いはどんなだったか忘れてしまいましたが、この若い方が今この光景を初めて目にしたとしたら、生涯の感動の上位を占めていくのではないでしょうか。

明日から7月、鳥海山の山肌を這い上がっていた緑は頂上付近に達し、稲の緑がさらに厚みを増して、Suiの窓からの眺めは夏本番の景色に向かっています。

(Y)

2010.6.30

18 6月

翠の窓vol.38 : 蛍の季節

 

Suiを訪れるお客様から、ちらほら蛍の話題が出るようになりました。

6月15日の夜、様子を見に行った家人が10匹位飛んでいると言いながら戻ってきました。

いよいよ、今年も蛍の季節がめぐってきたようです。

昨夜、遅い夕食を終えた8時過ぎに、二人で家の裏手に出てみましたら、あっ!いるいる・・・ 1匹2匹と頼りなげな光を放って飛んでいるのが目に入りました。

「今年の初蛍だ。」

と言いつつ田んぼの方へ回っていくと、草の中に1匹2匹、田の脇の流れの上にふわふわ飛んでいるのが3匹4匹と見えます。暗さに目が慣れてくると、少し離れた所の流れのあたりにも、田んぼの上にも点滅する光を見ることができました。

数はまだ少ないのですが、飛び始めの季節としてはいつもより広範囲に飛んでいるようで、今年はたくさん見られるのではないかと期待がふくらみます。

昨年の秋に、この小川の岸の崩れを補修する工事をしていて、蛍の餌になるカワニナが減っている様子を見て、今年の蛍はあまり期待できないかもと気落ちしていたのは取り越し苦労だったのかもしれません。

この場所に住んで4年、毎夏の蛍見物は私たち二人の独占状態でしたが、昨年Suiをオープンしてお客様に蛍が飛ぶことをお話したので、昨年は何組かの方々が蛍見物に訪れていました。

気温が低いと蛍はあまり飛び回りません。蒸し暑いくらいのときは飛び方が活発で、数十匹の蛍がいっせいにふわふわと飛び上がっている様は、それはそれは幻想的で声を失います。

今年も、美しい初夏の風物詩を皆様にお楽しみいただきたいものです。

(Y)

2010.6.18

01 6月

翠の窓vol.37 : 森の贈り物

 

「カッコー カッコー・・・」

あっ、カッコウが鳴いた!

早朝、眩しい朝の光が部屋いっぱいに差し込んで、今日は暑そうだなぁと開けた窓からは、思いがけず涼しい風が入ってきて思わず深呼吸してしまいます。

新聞を広げていると、カッコーの声が開けた窓からはっきり届きました。

「カッコー カッコー カッコー」と二声、三声が3度聞こえて、あとはぷっつり途絶えてしまいました。

数日前に、家人がカッコウが鳴いてるよと言っていましたが、耳をすましても聞こえたような聞こえないような曖昧さで残念だなあと思っていたのです。

水無月初日の天空 「白い月」

水無月初日の天空 「白い月」

今朝は、はっきり北の山の方から聞こえてきました。

小さい頃から、この季節「あっ、カッコウだ」と耳をすましたことを思い出します。いつももっと聞きたいと思っても、決して何度も鳴いてはくれないのはどうしてでしょう。

カッコウの声は初夏を告げる声、6月1日の朝の贈り物に気分爽快な一日の始まりです。

(Y)

2010・6・1

6月1日 「 よーい ドン」

6月1日 「 よーい ドン」