20 9月

翠の窓vol.47 : お地蔵さまに遊佐刺し子

 

遊佐町の幾つかのお寺さんのお地蔵さまが、遊佐刺し子のよだれ掛けで装われています。可愛らしい赤いよだれ掛けに代わって、とてもシックな装いです。

私たちは、遊佐に移って間もなく「語りべの館」で遠藤あやめさんの刺し子の作品に出会い、遊佐刺し子の存在を知りました。刺し子に興味を抱いていた訳ではありませんが、遊佐独自のものがあることに引かれ、NHK文化センター庄内の刺し子教室に通い基礎刺しを習いました。ある規則に従って横方向に刺し、その後縦方向を刺していくや目的の模様が浮かび上がってくるのが面白くて夢中になりました。

藤崎 門葉寺のお地蔵さん

藤崎 門葉寺のお地蔵さん

一緒に習っていた家人は、当初から「こんなに素晴らしい遊佐独自のものがあるのだから、遊佐のあちこちにあるお地蔵さまに遊佐刺し子のよだれ掛けを掛けてあげたら素晴らしいね。遊佐も遊佐刺し子もアピールできるね。」と話していました。

今年になってギャラリーに来てくださった刺し子サークルの方(偶然にも遠藤あやめさんを中心とするサークルだった)にも同様の話をしたところ、会員で作ってみましょうと話が進んで、お寺さんの住職様やお地蔵さまを守っている方々のご好意を得て、この夏実現の運びとなったものです。

すでに、50体に近いお地蔵さまに遊佐刺し子のよだれ掛けを掛けていただきました。風雨にあたり陽にあたり色あせてきているものもありますが、それはそれで風情があります。ご賛同を得て、さらに遊佐のあちこちのお地蔵さまが遊佐刺し子のよだれ掛けで装おわれたら・・・と夢が広がります。

大井  正寿寺の六地蔵さん

大井  正寿寺の六地蔵さん

皆様も、散歩がてら遊佐刺し子のお地蔵さま参りをしてみませんか。 (Y)

2010.9.20

10 9月

翠の窓vol.46 : 岡田直人さんの白磁

 

作家の岡田直人さんに初めて会ってから5ヶ月、待ちに待った器が届き、器コーナーのメインテーブルに白磁の作品が並びました。オフホワイトの優しい色合いは、染付けや色絵の器とは違う魅力を放っています。

この春紹介してくださる方がいて工房を訪ねると、注文品の発想準備に忙しいところを快く対応してくださった岡田さんは、実に爽やかな好青年でした。

春から夏にかけての個展のために制作された大量の作品を惜しげもなく見せてくださった中に、一番に釘付けになったのはポットです。ころんとした丸い形、平たい蓋、持ちやすそうな把手、細い注ぎ口、探していた物があったと直観しました。

とてもシンプルエスが、よく見ると細かいところまで神経の行き届いた造りになっているのがわかりました。把手に施された凸部分には、親指が具合よく掛かって安定して持てます。空気を入れるために本体に刻んだ切り込みは、蓋をすると見えないようになっています。そして、注ぎ口の角度やその先にわずかに施されたとんがりが、水切れを完全なものにしてくれます。

このポットと対にして使いたいカップも2種類選びました。円柱のような小振りなマグカップ、口の開いた楕円のマグカップ、どんなお茶をいれてもおいしそうです。また、しのぎの猪口は、お酒に限らずお茶にも。しのぎのフリーカップは、秋のビールをおいしくしてくれそうです。

どれもまずは自分で使ってみたい物ばかりえす。皆様も、手にとってその形のよさ、持ちやすさを実感してみてください。今後は、平皿や鉢ものなど日常の食卓にのせたい器を増やしていく予定ですので、ご期待ください。(Y)

2010.9.10

01 9月

翠の窓vol.45 : 『石田典子 水彩画展Ⅱ』

 

今日から9月、「石田典子 水彩画展Ⅱ」へようこそお出かけくださいました。

鶴岡に移られて3年、庄内が気に入ってもう少し庄内での暮らしを満喫しようと話されていた石田ご夫妻も、この秋に鶴岡を去られるとのことです。

vol45-1

石田典子さんとお話していると、描くことが本当に楽しい、描くことが大好きという思いがひしひしと伝わってきます。描かれるのは、生活の地とされた土地

の風景やそこで出会った土地の風物などですが、それぞれの土地での日々の暮らしを楽しみ描かないではいられないという思いで絵筆をとっている様子が目に浮かぶようです。

ある時、「でも、ヌードを描くのが一番おもしろいと思っているのよ。」と言われ、ちょっと意表を衝かれましたが、沢山のデッサンをお持ちで、今回の展示ではその中の数点(会期中何回か展示替えをします)をご覧いただくことができます。中でも、長く「花門」さんのロビーを飾っていた裸婦の一点は、皆様の印象に残る作品となることでしょう。

暮らしを楽しみつつ描くといっても、展覧会に足を運び、美術書に目を通し研鑽を積まれている日々であるわけですが、展覧会で気になる描き方があれば作者に率直に問い書きとめている手帳をお持ちとのこと、

「意外とあっさり教えてくれるものよ。この手帳は私の宝物ね。」

とのお話も印象的でした。

前回の水彩画展は、田植え前のまだ苗の姿もない頃の開催でした。3ヶ月を経て今や稲がたわわに実っている季節となりました。庄内遊佐の豊かな自然を背景に、『水彩画展Ⅱ』も大勢の皆様にご鑑賞いただけることを願っています。

(Y)  2010.9.1

朝日が昇った瞬間 光と影のコントラスト

朝日が昇った瞬間 光と影のコントラスト