26 4月

翠の窓vol.65 : 今日から3年目

 

Suiは、昨日で丁度2周年を迎えました。

ここからの景色を喜んで見ていただけるだろうとの思いと、口コミを頼みとする2年間でしたが、おかげさまで、延べ9000名に近いお客様に来店していただきました。私たちの願いどおり、この場所を気に入っていただいたお客様には、「今度友だちを連れてきますね」という方と、「ここは誰にも教えたくないね」という方がいて、どちらも大変嬉しく励まされてきました。本当にありがとうございました。

今年も、ささやかな記念品として木のストラップ(のような物)に、2本線を入れて、昨日からお客様にお渡ししています。

昨日は、

「えっ、2周年! 私たち去年1周年のときもちょうど来てたのよ。」

というお客様がいて、お互いにびっくりしました。

先日、たまたま立ち寄った酒田の郵便局で、家人がSuiと印刷した郵便物を窓口に差し出したところ、受け取った局員の方に、

「gallery and tearoomSuiと刻印のある木のストラップを付けた鍵を窓口に忘れた方がいて、交番に届けてあるんですよ。」

と言われたそうです。大切な鍵に1本線の入った1周年のときの記念品を付けて使ってくださっている方がいらしたことに、感激してしまいました。

1月の大雪、3月の震災と、思いがけない自然の動きにはなす術をもちませんが、日差しがようやく明るい春のものとなって、希望を持ちたい気持ちが沸き起こってくるようです。

ギャラリー&ティールームSuiが、ささやかではありますが、憩いと癒しの空間として皆様をお迎えできるようにとの願いをもって、3年目をスタートいたします。 (Y)

2011.4.26

21 4月

翠の窓vol.64 : 工芸作家たちへの支援を

 

震災直後から東北太平洋側の悲惨な状況が伝えられる中、栃木県益子のハービー・ヤングさんのブログで、工房が大きな被害を被っていることを知りました。ハービーさんの器は、Suiのオープン当初から置かせていただいて、特にモーニングカップは人気商品となっています。

ハービー・ヤングさんの作品

ハービー・ヤングさんの作品

益子の小高い丘の広い敷地に建つ工房の焼き窯のレンガが崩れ、焼く寸前までに仕上がっていた多くの成形品が砕け散っていました。工房の2階には、出来上がった作品を展示している部屋がありますが、そこにあった多くの作品もことごとく床に散乱して壊れている様子がわかりました。その上、工房の隣に建つ住まいの土台となっていた石組みも一部崩れてしまったので、居住することができなくなってしまったということです。

同じくSuiの中心作品となっている茨城県水戸に築窯している坂場圭十さんの所では、窯は無事だったそうですが、多くの作品が壊れてしまったと聞きました。

益子・笠間など北関東の多くの工芸の担い手が被災している状況が分かってきた中で、私たちギャラリーのできることとして、作家を支援する企画が立ち上がっています。幸いに難を逃れた作品やすぐにも完成するところまできている作品を、多くのお客様に見ていただく巡回展です。ギャラリーSuiも、この企画に参加させていただくことにしています。

『手仕事を繋ぐ 東日本被災工芸作家支援企画』として、益子や仙台、那須などの10名程の工芸作家の作品を展示即売いたします。陶磁器、木工、金工など、魅力ある作品の展示となります。

この時期になると探し出す「種まき爺さんの雪形」 

この時期になると探し出す「種まき爺さんの雪形」

Suiでは、7月上旬開催の予定です。追って詳細をご案内いたします。(Y)

2011.4.21

06 4月

翠の窓vol.63 : 山里の春は

 

久し振りのまぶしい朝日に誘われて、散歩に出ました。これまた久し振りに、朝の雲一つない、今日一日の晴天が約束されているようです。

まぶしい朝日と裏腹に頬に当たる風は思いのほか冷たく、気がつけば畦の斜面が真っ白に霜でおおわれ、田の水に氷が張っているところもあります。

にもかかわらず、田の中から「ピチピチピチピチ・・・」とにぎやかな鳴き声があちこちに聞こえてきます。ヒバリでしょうか。

遠くに「クワッ クワッ クワッ・・・」と聞こえてくるのは、白鳥の鳴き声です。北帰行だなと声のする方に目を凝らしてみますが姿は見えず、鳴き声だけが北の方へ移動していきます。一時間ほど歩いている途中に、7~8組の編隊の声を聞きましたが、薄水色の空を背景に飛んでいるようで、どんなに目を凝らしても姿をとらえられませんでした。

北帰行が見られる頃になると、Suiの目の前の田にも白鳥が餌をついばみにやってきます。数日前には、百羽を超える白鳥が道路を挟んで両側の田んぼに降り立ち、終日餌をついばんでいました。ここに住んで5年になりますが、この場所にこんなにたくさんの白鳥が降り立ったのを見るのは初めてのことで、一日中飽かずその姿を眺めていました。

雪解けの田圃、真っ白な雪を頂いた鳥海山、まぶしい朝日、小鳥の鳴き声、のんびり餌をついばむ白鳥・・・ 庄内の初春の何とものどかな風物詩です。今年の春は、どなたもが、いつにも増してこの豊かな自然が損なわれることのないことを願っていることと思います。

被災地となった海にも山にも川にも田にも畑にも、美しい自然が広がっていたことでしょう。再びそれらを誇りとし愛して暮らせる地となりますよう、一日も早い復旧を願うばかりです。   (Y)

2011.4.6