18 7月

翠の窓vol.76 : 夏のドリンク その2

 

vol76-1

お客様から「加賀棒茶ってなんですか。」とよく聞かれます。

中には、「加賀棒茶は、金沢のお茶で茎茶の焙じ茶で・・・」と言い始めると、「あっ、じゃあコーヒーで。」と、棒茶の注文をパスされてしまう方がいて、(あら残念、棒茶との出会いを逃してしまわれた)と思いますが、いつかは出会っていただきたいなと思います。

知る人ぞ知る加賀棒茶は、焙じ茶と言っても上質の茎を浅く炒る製法で、普通の焙じ茶とは一線を画す香りと色のとてもすっきりした味わいのお茶です。特に、ひとくち口に含んで喉を通るときの馥郁(ふくいく)とした香りが鼻孔に広がる様は、他の焙じ茶では味わえないものではないでしょうか。

Suiでは、温かい棒茶の他に、夏場は『水出し加賀棒茶』をメニューに加えています。愛飲者の方の中には、「加賀棒茶は、水出しの方が断然美味しいと思うので、私は年中水出しを飲んでいますよ。」と言っている方もいらっしゃいます。

vol76-2

玄米コーヒーの知名度がだんだん上がってきて、

ご注文は必ずこれというお客様も増えてきましたが、

『アイス玄米コーヒー』もお作りしています。玄米が

体に良いとわかっていてもなかなか常食にはできない

という方も多いことでしょう。玄米コーヒーは、玄米を

焙煎して作った玄米100パーセントの飲み物ですから、

飲む玄米とも言えるものです。暑さで体力が落ちがちな

夏場こそ、最適な飲み物かもしれません。夏の麦茶感覚で

飲む『アイス玄米コーヒー』はいかがですか。

さて、Suiの夏のドリンクが勢ぞろいしました。

今日の一杯は何にいたしましょうか。 (Y)

                      2011.7.18

15 7月

翠の窓vol.75 : 夏のドリンク

10日早朝からのカァーッとした日差しは、「遊佐もこんなに暑くなるの!?」とびっくりの暑さでした。今年も猛暑の夏なのでしょうか。

Suiのティールームでは、冷たい飲み物の出番が多くなってきました。その筆頭はやはり、『アイスコーヒー』です。

「撫子人気」  サワラナデシコ

「撫子人気」  サワラナデシコ

アイスコーヒーと言えば、氷たっぷり、グラスには水滴たっ

ぷりのイメージが浮かびますが、Suiでは氷を使っていません。コーヒー豆を多めに使って入れたブレンドコーヒーを、冷蔵庫で冷やしてお出ししています。

先日、「お客さんが多くて氷が無くなったのか、アイスコーヒーがぬるかった」と言っていた方がいたと聞いて、私どもの思いが伝わっていなかったと反省しました。氷を入れると、飲んでいる途中でどんどん薄まってしまうのは必定、最後までコーヒーの味を楽しんでいただきたいので氷をあえて使っていないのです。しかし、冷蔵庫でしっかり冷やしていますので、「ぬるい」ということはありません。

『ジンジャーエール』も、夏の人気ドリンクです。有機栽培の生生姜を使用したジンジャーシロップを使っていますので、単なるジンジャー風味の飲み物とは違い、ジンジャーの香りたっぷり、ピリッとした大人の味です。

『ゆずソーダ』の名称に、涼しさと甘さを連想されてオーダーされる方も少なくありません。これも、暑さをひととき忘れさせてくれる夏ならではのドリンクでしょう。

今年は、夏のスペシャルメニューとして『抹茶のアイスラ・テ』をお出ししています。京都小山園の抹茶を使った豆乳仕立てのアイスラ・テです。抹茶の香りとくどくない甘味をお楽しみいただけます。

今夏は冷房も控え目に「夏は暑い!」と割り切って、せめて涼しいドリンクで、青田を渡る風を感じながらSuiでのひとときをお過ごしください。   (Y)

冬の準備のスタートは薪作りから 木材 届く

冬の準備のスタートは薪作りから 木材 届く

2011.7.15

07 7月

翠の窓vol.74 : 七夕の日に

 

『手仕事を繋ぐ展』は、6日目を迎えました。

工芸作家12名の個性ある作品を、400点近くご覧いただいています。

山形新聞にこの企画の紹介記事が掲載されたこともあって、この展示を目指して遠方から来てくださるお客さんも少なくありません。

今回Suiでハービー・ヤングさんの力強い作品と出会い、大皿を求めてくださったお客様には、

「考えてみたら、気に入ったよい作品が手に入って、それが被災された作家への支援になって、その上義援金を寄付することになるのだから、こんなにいいことはないわね。お友達にも勧めなくちゃ。」

と言っていただき、この企画展を催してよかったととてもうれしくなりました。

大震災から4ヶ月、被災された工芸作家も、それぞれの被災後を歩み始めていることでしょう。今夜は七夕、多くの希望と願いが叶えられますように。

引き続き、皆様のご支援をお願いいたします。

(Y)2011.7.7