21 8月

翠の窓vol.78 : 正木春蔵さんに会う

陶芸家の正木春蔵さんに会いに、石川県の加賀へ行ってきました。

正木さんの色絵染付けの器に初めて出会ったのは、いつのことだったでしょうか。白地にフリーハンドで描かれた花鳥魚が愛らしく、こういう器があるの!というカルチャーショックとともに一目で気にいってしまいました。

それからは、その時々のお財布と相談しながら一つ二つと買い求め、ある時はお財布事情を忘れてエイヤッと清水の舞台から飛び下りて手に入れた器もあります。

Suiのオープンに際して、器のコーナーに正木さんの作品を置くのが夢ではありましたが、今や幅広い年代に超人気の陶芸家ですので、私どもに器を分けていただくのは無理なことだろうと初めから諦めていました。しかし、夢捨てがたく、思い切ってご連絡をして訪問が実現したのです。

山中温泉の一角に築窯している『山背陶房』は、それが気に入って工房を構えたという欅林の山を背にしてありました。今はお弟子さんをとらず、道子夫人が成形、春蔵さんが絵付けを担当して制作しています。

お二人は、小さなギャラリーを持つだけの初対面の私たちを丁寧に迎え入れてくれ、とても気さくにお話してくださいました。器の雑誌でよく見かける正木さんですが、優しい語り口の方で、あのふわーっとした絵柄の伸びやかな筆致、明るい色使い、ユーモラスな動物たちの表情などが、この穏やかなお人柄から生まれてくるのだと納得しました。

正木さんの器が一つ加わることで、食卓は一気に華やぎ、日々の食卓を美味しく楽しくしてくれることでしょう。

東北地方には正木さんの器を扱っている店は無いようですから、少しずつではありますが、Suiでその魅力的な作品をご紹介していけることをとても嬉しく思います。もう、お手にとって見ていただけましたか?     (Y)

2011.8.21

10 8月

翠の窓vol.77 : 山麓風景

朝の日差しが暑くなる前に、散歩に出ます。

Suiの裏手に出て、田んぼの真ん中の農道を進みます。青田は、7月の強い風の影響で葉先が枯れてきて、大丈夫なのかしらと素人の心配をしましたが、花が咲き穂が出始めて確実に実りの秋へ向かっているのがわかります。

葉先の一つ一つに、畦道の草の一本一本に朝露がこぼれんばかりに丸い玉をつけ、朝日に光ってる様はことの他美しく、毎日のことながら思わず立ち止まってしげしげと見入ってしまいます。

連日、田の持ち主の誰か彼かが畦道や農道の草刈りをし、我が家人も毎朝いそいそと草刈りに精を出してきた(お節介にも自分の土地を遥かに越えての越権行為)成果が出てきたのでしょう。軽トラックが優にすれ違うことができる広い農道が出現しています。

近頃、この農道に親子連れの姿がちょくちょく見られるようになりました。農道の脇の小さな流れに棲む生きものを探しに来ているようです。鳥海山の伏流水を引いている流れですから、とてもきれいで、その底の様子は一目瞭然。小さな魚などを見つけて喜ぶ声がSuiまで届くこともあります。見ていると、子ども達だけでなくお父さんやお母さんも結構夢中になっているのではと思われる節もあります。懐かしい子どもの頃の追体験をしているのかも知れません。

Suiのお客様には、この農道を気に入って、必ず店に入る前や後にずうっとひと歩きされる方も何人か見受けられるようになりました。中には、密かに『○○の小道』とご自分の名前を付けている方もいるとか・・・

鳥海山麓の手つかずの自然と地道な農業がつくり出す景観が、日々静かな感動を呼び覚ますSuiの窓です。        (Y)

2011.8.10