24 10月

翠の窓vol.83 : 『六夜さん』 月の出を待って

 

10月24日午前2時半を過ぎて、やっと鳥海山の右裾の一所が心なしかほの明るくなってきたように見受けられます。日中は少し雲があったのに、夜になって雲が払われたのでしょう、夜空には満天の星。

Suiをオープンしてから「ロクヤサンを見たことありますか。」と、何人ものお客様に聞かれました。ロクヤサン? いったい何のことやら皆目見当もつかなかったのですが、『六夜さん』が、特別な月の出のことを指していることが分かってきて、月の出が手に取るように見られるこの場所から、ぜひ見てみたいと願っていました。

それがどうやら今夜見られると分かって、『六夜さん』のことを調べて教えてくださったNさんSさんをお誘いしてのお月見となったのです。

風流なお月見に興じようとお二人が用意して来られたススキやお団子をSuiの窓辺に飾って、準備万端。月の出時刻2時33分を待って、外のウッドデッキで、今か今かと鳥海山の裾野に目を凝らしていたというわけです。

2時33分を過ぎてもその気配がなく諦め気分も出始めた頃、裾野の明るさが感じられたので、「あそこからきっと月が昇る」と、息を詰めるようにして見守っていると、ゆっくりと明るさが増してきて、黒い山陰から三日月状の月の先端がホット見えてきました。

「あぁ、出てきた、きれいねぇ。」

と、今夜の月待ち人4人、口々に感嘆の声を上げてしまいました。

見る見る細い月が上がっていきます。横になった細い月がそのままの状態で全容を現しました。傍らに用意した望遠鏡を覗くと、円の下部が細く輝いているのが手にとるように見えます。なんという美しさでしょう。『六夜さん』の月はろうそくを灯したように見えると聞いていたのは、月の先端がホット顔を出したあの瞬間のことだったのでしょうか。

夜を徹して待つかいのあるそれはそれは美しい幻想的な真夜中の一瞬の出来事でした。        (Y)

2011.10.24

04 10月

翠の窓vol.82 : 白い器ですっきりと

 

「食器棚も、ダンシャリしなくちゃねぇ。」

とお客様の声。ダンシャリ?・・・ あぁ『断捨離』か!近頃はやりの。

先頃から、岡田直人さんの白磁の器を熱心に見ているお客様です。

「この白い食器だけを食器棚に入れたら、どんなにすっきりするかしらね。」

と思案顔のお客様に、私は拍手を贈りたい気分です。

特に日常食器は、家族が増えるに従って、家族の暮らしが長くなるに従って、増える一方であれば尚更のことです。

しかし、子どもたちが巣立ち、毎日使う食器も限られてきたら、断捨離のチャンスかもしれません。

何といっても、白い器は器の原点。シンプルで、お料理のどんな色も和洋中いずれの種類も受け止めてくれますし、他のどんな絵柄の器とも喧嘩せず、むしろそれを引き立ててくれます。

器を求め始めたときにまずは白から求めたという方も少なくはないはずです。

先ほどのお客様も、その初心に戻ってみたくなったのかもしれません。まずは、お料理を盛る大皿を一つ、取り皿に中皿を家族分と求められました。

「なんか気分がすっきりして、今日はおかず作りが楽しみになってきたわ。それに断捨離しなくちゃいけないけど、それもやる気になってきたみたい。」

とのこと。

日々の暮らしを楽しく豊かにしてくれる器を、これからもお届けしたいものです。    (Y)

2011.10.4