19 3月

翠の窓vol.91 : 北帰行始まる

 

「あれっ、ハクチョウ?」と、お客様の声。
「ああ、そうだねぇ。」と言うお連れの方の目の先を追うと、確かに6・7羽の白い鳥が北の方角へ飛んでいるのが見えました。
 
日が長くなり、空は4時半を回っても明るさを残しています。曇り空に霞ん
だ鳥海山の山頂付近は、薄いグレーの雲におおわれているので、白鳥の白さが際立って、随分遠くを飛んでいるのに左の山裾に隠れるまでその飛行を見ることができました。
そろそろ北帰行が始まっているのでしょう。
 
早朝「クワッ、クワッ、クワッ」という大きな声がするときは、白鳥の群れが飛んできたということがわかります。大急ぎで窓を開け、頭上を見上げて、
大群の真下から見上げるタイミングでも、見る見るうちにその姿は小さくなっ
て雲の色に溶け込んでしまいます。
 
我が家から見渡せる空が、北帰行のルートの一つになっているのでしょうか。大方の群れは、鳥海山の方向に向かうか、鳥海山の左裾野の方へ回りこむように進んで、秋田方面に消えていきます。
毎年この頃になると、Suiの前の田んぼにも白鳥が降り立って、餌をつい
ばんでいる様子を見ることがありますが、今年は、まだその姿を見ていません。ここら辺りへ来る頃は、北帰行途中の腹ごしらえというところかもしれません。
遊佐に移り住んだ頃は、白鳥が田んぼに群れているという現象が物珍しく、あちこちで見かける度にカメラを向けていましたが、今では私たちにもすっか
りお馴染みの冬の風物詩、明日にも目の前の田に降り立ってくれるのではと
心待ちにしています。
(Y)

2012.3.19

01 3月

翠の窓vol.90 : 幸 運

 

3月1日、快晴。朝から青空を背にした鳥海山の真っ白い姿が眩しい位です。

風もなく「春度数」が一挙に上がって、正真正銘の春を感じる一日の始まりに気分が解放されるようです。

vol90-1

思い立って、玄関の掃除をすることにしました。冬の間、出入りの他は閉めたままだった扉を全開すると、よどんだ空気が一挙に入れ代わりました。つい置きっぱなしにしていた物を全て片付け、掃除機をかけ、棚を拭き、最後にたたきを丁寧に掃くと見違えるようにすっきりした玄関に戻りました。

朝日が長く差し込んで、それは明るくて気持ちがよく、清々としてきます。そうそう、玄関はこうでなくっちゃ! 幸運はきれいな玄関から入ってくるというのもうなづけます。

そういえば、今年は東南の方向から幸運がもたらされると何かに書いてあったのを思いだしました。なんと、我が家の玄関は東南に向いているのです。

これは春からうれしい兆し。冬の間に迎え損なった幸運があったかもしれませんが、2012年はまだまだこれからですから、この先はきれいな玄関を維持しなくては。

vol90-2

夕方、Suiのお客様が途絶えた頃、知人のMさんが、お茶にしましょうとお抹茶を入れるセットをわざわざ持参して来てくださいました。お菓子は淡い桃色の上生菓子の「椿」と「梅」、にわかのお茶席が春の装いになりました。Mさんの気のきいたおもてなしで思いがけず、美味しくほっとしたお茶の時間を過ごすことができました。

どうやら、これが幸運の第一号だったのかしら・・・     (Y)

2012.3.1