23 5月

翠の窓vol.96 : お客様一人につき5円を

 

vol96-1

Suiに入るなり、「わぁ、すごいねぇ。」という感嘆の声や、「ねっ、すごいでしょ。」と自慢してくれる声をあげるお客様の様子を目にする度に、Suiをオープンしてよかったなぁとうれしくなる3年間をすごしてきました。

ここを訪れる誰をも魅了してやまない美しい鳥海山に、オープン当初より、私どもは何か報いることができないものかと考えていました。

ある時、鳥海登山の一拠点でありここから一番近い万助小屋が、酒田の山岳部の高校生によって管理されていると聞きました。そこで、鳥海山を愛する若人たちを応援することが、私どもの願いに通じるのではとの思いで、Suiを訪れてくれたお客様一人につき5円の寄附金を贈ることにしたのです。

Suiの3周年目の今年は、この1年間のお客様5343名分の寄付金をお渡ししました。その際、山岳部の顧問の先生から、

「万助小屋の手前に鈴木小屋というのがあって、そこは、高校生もよく利用する所なのだが、老朽化が進み改修に迫られている。ついては、寄附金をそちらの改修費用にさせてほしいのです。」

との申し出がありました。1年目も2年目も本当にささやかな金額ですので、生徒の皆さんが小屋を掃除した後のジュース代にでもなればとの思いでおりましたが、山岳部では何か有意義に使いたいと全てプールしておいてくださったようで、3年分を鈴木小屋改修費用の一部に役立てていただけることになりました。

これは、オープン以来Suiを支えてきてくださった15000名もの、お客様のご好意と言うこともできます。

遠目に眺めている鳥海山の懐(ふところ)では、酒田の山岳部の高校生を含む多くの人々の奉仕に支えられて、今日も登山を楽しむ人々が行き交っていることでしょう。「鳥海山は生きている」ふと、そんな言葉が浮かんできました。

vol96-2

(Y)

2012.5.23

10 5月

翠の窓vol.95 : シンボルツリー

 

vol95-1

クイズです。

『はっぱの形はハート形、秋の枯れ葉はチョコレートの

香り、この木はなんの木?』

ちょっとロマンティックでしょう? この木は、『カツラ(桂)』です。

カツラは日本特産の木ということですが、中国の伝説では月にある木と言われているそうで、益々ロマンティックな香りがしてきます。

さて、ハイマツ、モミジ、ハナミズキ・・・と、何にしようかと迷い続けていた我が家のシンボルツリーは、やっと『カツラ』と決定できそうです。

昨年末象潟の造園師の方にお願いしていたカツラが届いて、丁度Sui3周年を迎えたこの4月26日に、前庭に植樹されました。

株立ちの若いカツラの木は、ハート形の小さなはっぱをたくさん付けているものの幹はまだ細く、ちょっと戸惑いがちな風情で新しい土地にその根を下ろしました。幹が成長し枝を伸ばし更に葉を繁らせて、木陰ができるようになるには何年かかるものでしょうか。

その木陰の下に小さなテーブルと椅子を置いてお茶をいただくというのが、新しく夢に加わり、木のそばに立ってSuiカラーのはっぱを見上げ「早く大きくなぁれ。」と声をかけるのが、毎朝の日課になりました。

Suiの店内は勿論ですが、鳥海山麓の静謐な空気を体中に感じられる庭になるように、家人はあれこれ案を練っている様子。徐々に整備が進んで、庭でのお茶を希望される方が増えたら、それもうれしいなと思っているところです。  (Y)

2012.5.10

vol95-2

1年目 マスコット 『Sui』 が3000gでやってきた

3年目 『桂』 がやってきた。  名前はまだない。