26 9月

翠の窓vol.105 : 豊穣のとき

 

vol105-1

今日は、

「あらっ、稲刈りが終わっちゃったのね。黄金色の様子を見たくて来たのに・・・」

と、しきりに残念がっているお客様がいらっしゃいました。

今年は、9月になっても晴天続きで、目の前の稲穂の波が明るく日に照らされて黄金色に輝く様は、それはそれは見事な眺めでした。

目の前の土門さんの田は、今年もいち早く9月17日に稲刈りをし、私たちもいつまでも見ていたい黄金の波を惜しみつつ、無事に稲刈りにこぎつけた今年の実りの収穫に安堵しました。

8月末に数日我が家に滞在した静岡の友人が、食事の度に、

「ここのお米はおいしいねぇ。」

と感心しきりの様子で言っていましたが、ほぼ1年前に収穫したお米でこの美味しさですから、新米を口にしたらどんなに驚くことでしょう。新米の遊佐米を送る約束をしましたら大喜びをしていました。

vol105-2

昨年、袋地の農家の方が「今年はとても美味しい米ができた」と言っていましたが、この一年ご飯を炊く度に、その艶と粘りや味に、私たちも「ここのお米はおいしいねぇ。」と言い合ってきました。

さて、今年の新米やいかに!

早苗に始まって、青田となり、黄金の波へと目を楽しませ、さらに生きる糧となる稲の眺めは、毎年のことながら飽きるということはありません。日本人の心に一番しっくりと根づいている原風景なのでしょう。

土門さんをはじめ、目の前の田の変わらぬ姿を維持してくださっている農家の方々に心から感謝する日々です。 (Y)

2012・9・26

04 9月

翠の窓vol.104 : 今年ほど

 

この夏には、美味しい美味しいだだ茶豆をたくさんいただいて、

「今年ほどだだ茶豆を食べたことはないね。」

と、夏の味覚に大満足しました。

この土地の美しさ、澄んだ空気や水にひかれて移り住んだのでしたが、庄内の食材の豊かさに気付いたのは暮らし始めてからのことで、大きなおまけをもらったように思ったものです。

季節を追うごとに美味しいものが出てきて、年中『食』の楽しみを感じていられる暮らしというのは、なんと豊かで幸せなことでしょう。それは、求めれば何でも手に入るという都会の季節感のない豊かさとは全く別物のものです。

季節の美味しいものをたくさんいただいたり、手ごろな値で求められるのもうれしく、

vol104-1

「今年ほどワラビを食べたことはないね。」

「今年ほどタラノメを食べたことはないね。」

「今年ほどモウソウを食べたことはないね。」

「今年ほどサクランボを食べたことはないね。」

「今年ほど岩牡蠣を食べたことはないね。」

「今年ほどメロンを食べたことはないね。」

・・・・・(書ききれない)

と、年中「今年ほど・・・」と言うのが私たちの口ぐせのようになっています。

この夏いただいただだ茶豆には、〔ピカ一 だだ茶豆の茹で方〕というレシピが付いていて、その通りにしたらきれいな緑色を残して茹で上がりました。土地の方は、こうして豊かな食材を最高の美味しさで食べ続けてきたのでしょう。

さて、次のお楽しみは大好物の刈屋の梨です。甘味十分との情報、きっと

「今年ほど梨を食べたことはないね。」

と大満足することでしょう。

(Y)

2012・9・4