31 10月

翠の窓vol.108 : 紅葉真っ盛り

 

vol108-1

鳥海山の山肌が日一日と色づいて、秋の深まりを感じるこの頃です。

紅葉が進み、数日前には山全体が赤く耀いて息を呑むような光景に見とれました。山頂には何度目かの雪を頂き、青空を背景にすっくとそびえている姿は、北斎の赤富士を連想させる美しさでした。

ここ数年聞かれた鳥海山の楢枯れの言葉も今年は聞くこともなく、本来の紅葉に彩られているようで、この地に住み始めて以来、一番の見事さのように感じられます。

Suiには、このところ度々、高瀬峡の大滝に行ってきたとか、家族旅行村や祓川方面へ行ってきたというお客様が寄ってくださることがあり、紅葉狩りを楽しんでこられた様子をお聞きします。この時期たくさんの方が、鳥海山に入っているのでしょう。

今日は、会津に若くして稼業の会津塗りを継承してがんばっている方がいると聞いて、会津若松へ車を走らせました。

新庄までの最上川沿いの山々は、紅葉が始まったところという感じでしたが、米沢を抜け、福島県への県境に向かう山道では、いくつかのトンネルを抜けるに従ってそれは見事な紅葉に染まった山々を眺めることができました。

道路の両側に迫る山々は幾重にも重なって、その上から下まで全体が錦の紅葉です。様々に色づいた木々の一つ一つがこんもりとして重なっている様は、ゴブラン織りのよう、家人と二人「すごいねぇ・・・」としか声が出ず、思いがけない紅葉狩りを堪能しました。県境の大峠を越えるこのルートは初めて通る道でしたが、紅葉狩りには絶好のルートを発見したようです。

明日から11月、紅葉に彩られた鳥海山が白一色に変わっていく日も遠くないことでしょう。

(Y)

2012・10・31

Suiの奥にある舞沼の風景

Suiの奥にある舞沼の風景

17 10月

翠の窓vol.107 : 青窯の器をどうぞ

 

九谷青窯(クタニセイヨウ)に行ってきました。昨年の秋以来、ほぼ1年ぶりの訪問です。

Suiでは、オープン当初より九谷青窯の器を扱っていますが、静かな人気があって、お客様に一つ二つと求めていただきいつの間にかほぼ完売となっているという状態です。

九谷青窯では、常時10数名の若い陶芸家が、白磁あり、染付あり、色絵あり、いずれもそれぞれの目指すところに従って、日常使いの器を作っています。

13日の鳥海山

13日の鳥海山

今回は、30種類60点ほどの器を仕入れましたが、大半が白い大きめの皿や鉢になりました。白といっても、それぞれにニュアンスの異なる白ですし、彫りや釉薬の違いで個性的な器が揃っています。

白はどんなお料理も美味しそうに美しく受け止めてくれますし、手持ちの食器とも馴染みつつ、清新な風を食卓に運んでくれることでしょう。今夜のお料理を思い浮かべながら、ご覧になってください。

九谷青窯であれやこれやと楽しい器選びの時間を過ごして、帰りは、近くの小松駅まで青年に車で送ってもらいました。聞けば、今年九谷青窯に入ったばかりという若い方です。「ぼくは色絵をやりたいのです。」とのこと。いつか、正木春蔵さんのような大勢のファンにその器が持たれる陶芸家になっているかもしれません。静かな若い闘志がまぶしい青年でした。     (Y)

vol107-2

2012・10・17

07 10月

翠の窓vol.106 : 『ふだんづかい、贅を楽しむ』

 

vol106-1

東京の器屋さんで開かれた正木春蔵展に行ってきました。

ほぼ1年前の個展では、「組み物」などの大きな作品が並びましたが、今回は『ふだんづかい、贅を愉しむ。』という案内でしたので、小さなものかな

と思っていましたら、盃から大皿まで、それは見応えのある展示会でした。

中でも目を引いたのは、丸形や台形の土瓶です。ころんとした形も楽しく、それに描かれた色絵染付の絵柄の華やかなこと! こんな土瓶を見たことがありません。20個ほど並んだ土瓶のどれ一つとして同じ絵柄はなく、目移りして選ぶのに一苦労です。

円形や四角形の大小様々な皿、大皿、盛鉢、飯椀、湯呑、盃・・・ ほとんどが色絵や染付の一点ものの絵柄で展示されているのですから、それは見応えがあり、あれやこれやと迷いつつ2時間があっという間に経ってしまいました。

一目で正木ファンとわかる方々が次々に訪れ、次々に買い求めていく様も壮観でした。

ふだんづかいとは言え、『贅を愉しむ』とある通りの作品ばかりですが、本当に気に入った作品が一品あることで、どんなにか豊かで心満たされる食卓になることでしょう。

Suiでは、昨年より正木春蔵さんの作品を取り扱っていますが、展示当初から一目で正木さんの作品を気に入って求めてくださる方々が増えてきていますので、正木ファンの一人としてもとてもうれしい限りです。

本日より、求めてきたその作品の一部を展示いたしますので、既にご紹介している作品と併せて、心ときめく正木春蔵ワールドをごゆっくりお楽しみください。

vol106-2

(Y)

2012・10・7