17 3月

翠の窓vol.136 : 満月オレンジ色に輝く

 

昨夜の満月の月の出をご覧になりましたか。

それは見事なオレンジ色の大きな月が昇りました。

リュウココリーネ

リュウココリーネ

夕飯が終わりかけた7時少し前、障子を開けていたガラス戸の向こうの暗闇の中に、赤い半円が浮かんでいるのに気が付きました。「あっ、出てきた」と言うなり、すぐさま家人はカメラを持って二階へ。

その間にも満月は静々と、鳥海山の裾野からその全身を現していきました。こんなに綺麗なオレンジ色の月はめったに見ることがありません。開けた窓からの冷気に包まれながらも、しばらく見とれてしまいました。

その後、キッチンで片付け物をしながら、しばらくの間、満月がオレンジ色を保ちながら、音もなく昇っていくのを見ることができました。

夏や秋には、気を入れてみている満月ですが、寒い時期には雲が出ていて見られることが少なく、これまでは、あまり関心を払うこともなく過ごしてきてしまったようです。

3月17日 18:52 月の出

3月17日 18:52 月の出

昨日は、久しぶりの晴天で、一日中、雪を抱いた鳥海山が青空を背景に全容を見せていました。3時を過ぎると、うっすら漂っていた雲も全てとれて、月の出を見る期待が高まっていました。

5時近くになって来店された2人のお客様も、それぞれに鳥海山の見事な眺めに見入っていましたが、月の出まで待てないことを残念がって帰られました。

どこかでこの見事な月の出に気付かれていたらいいのですが。

(Y)

2014.3.17

01 3月

翠の窓vol.135 : 器ごと新メニュー

 

vol135-1

春が駆け足でやってきました。

目の前の雪がどんどん解けていって、田んぼが目を覚ましたようです。今朝は、クワッ クワッ クワッという鳴き声に「あっ、白鳥だ」と、空を見上げると、大きな集団と続いて小さな集団が合わせて百羽ほどもの数で北へ向かって飛んでいきました。春の訪れは確かなようです。

店の果物コーナーには、早々とイチゴも並び始めています。

昨年好評だった『豆乳プリンイチゴソース』を、そろそろ始めようかなと思いつつ、何か目新しいものができないかと考えていて、ふと大好きな「カマンベールチーズにイチゴジャム」の組み合わせが浮かびました。これにフランスパンと白ワインを添えた軽い食事が無性に食べたくなるときがあるのです。

チーズは軽いクリームチーズにし、イチゴジャムはフレッシュなイチゴソースにして、さっそく試作してみると思った以上のおいしさです。

器は・・・?! もうこのメニューにぴったりのものがスタンバイしていました。先ごろ入荷した正木春蔵さんの色絵花文碗皿です。小ぶりな皿と持ち手のつかない碗の組み合わせがとても新鮮で、大きさ、絵柄、色なども、まるでこのメニューを待っていたかのような器です。

本日からお出しする春のスペシャルメニュー『クリームチーズのフレッシュイチゴソース』、クリームチーズの薄い塩気とイチゴソースの甘みがミックスして、ちょっぴり大人のおしゃれなスイーツです。

vol135-2

この春一番のおすすめを、どうぞ召し上がれ。(Y)

2014.3.1