26 4月

Sui 6周年

翠の窓vol.153

Sui6周年153-1

 

先日、山形市内の家具工房を訪れ、遊佐で店をやっていると話しましたら、「もしかしたら鳥海山のよく見えるというお店ですか?知人にいい所だから一度行ってみるといいと言われているんですよ」とのこと、こんなところにもSui情報が伝わっているのかとちょっと驚きました。

昨日は、野田(千葉県)ナンバーの車で来られたご家族に、「(Suiは)野田で有名です」と言われてこれまたびっくりしました。

以前、仙台からのお客様に「仙台でちょくちょくSuiのうわさを聞きますよ」と言われたこともありましたっけ・・・

“有名”というのは大分オーバーとしても、かなり広範囲の所で、口コミでSuiを伝えてくださっている方々がいらっしゃることを感じてきた日々でした。

このような口コミ情報に支えられて、お陰様で、本日Suiは6周年を迎えました。

都会を離れ遊佐に移住したのは、のんびりセカンドライフを過ごせればとの単純な思いでしたが、目の前の優美な鳥海山の姿や、広々とした田の広がりが美しいこの風景を多くの方々に見ていただきたいとの思いからお店を始めたのでした。

経営のイロハも採算の見通しも全くないままに、のんきに開店してしまったSuiですが、この景色は喜んでもらえるだろうとの思いだけは当たって、この6年間に本当に、多くの方々にこの豊かで美しい風景を楽しんでいただけたことは、私共の望外の喜びであり、日々の活力でもあります。

153-2

残雪を残す鳥海山、パステルカラーに彩られた春紅葉の林、緑萌え出す田園・・・この季節ならではの明るい光と風を存分に味わっていただきたいものです。  (Y)

2015.4.26

15 4月

カタクリの花の群生に出会う

翠の窓vol.152

カタクリの花の群生に出会う

152-1

用事があって秋田市に出かけた帰り、久しぶりに角館に回ることにしました。

武家屋敷のしだれ桜は、あちこちに少しずつ開花しているところがあって、小さなお花見ができました。

思い立って、知人のSさんの店を訪ねると、折よく店に出ていたSさんから、「桜には早かったけど、カタクリの花を見に行きませんか」との思いがけないお誘い。車で15分ほど山に入ったFさん宅のすぐ裏手の山に案内されて、唖然!! 広い斜面一面がちょうど陽が当たっていて、濃いピンク色の花におおわれているではありませんか。こんなに群生しているとは・・・

かねてから見たい見たいと願っていながら(特に家人は)、なかなかその機会に巡り合えなかったカタクリの群生にあっけなく出会えた瞬間です。その眺めはすごい!としか言いようがありません。

日陰になっている向かい側のこれまた広い斜面一面にも、群生は広がっていて、陽が当たるとそれは見事な眺めになるのだそうです。

それのみならず、少し先の山にも同じく群生している所があると聞いて、車で数分移動すると、まだ雪が少し残っている山道の先に、数本の栗の木がある山の斜面にカタクリの花が点在していました。時期が来ると、この一面もピンク色に染まるのだそうです。どの山も下草が刈られ、きれいに整備されているのはFさんご夫妻の並々ならぬ手入れの賜物であり、それあってこそ、この見事な群生が現出しているのでしょう。

角館に立ち寄ったこと。Sさんに出会えたこと。Sさんがカタクリの群生を見に行こうと誘ってくれたこと。雨の予報がはずれ陽がさす時間に山に行けたこと・・・

全てがうまく巡り巡って、永年見たいと願っていたカタクリの群生についに出会えたのでした。

152-2

不思議な気分で、家人は「度肝を抜かれた」と興奮覚めやらず帰途につきました。めでたし めでたし。   (Y)

2015・4・15