31 12月

年末に

                          翠の窓vol.206

   

    年末に

 

2021年も残すところわずかとなりました。

今年のSuiの十大ニュースの筆頭は、「店の再開」となるのか、それに先立つ「長期休業継続」の方が思いもよらない出来事に遭遇した体験として上位 になるのか・・・

コロナにうつらないうつさないためには、接客を避けることがまずは最上の道だろうと判断しての休業は、1年半にも及びました。

その間、たくさんのお客様が、いろいろ声をかけてくださったり、店が開いてないかと何度も足を運んでくださったりということもあって、陰になり日向になり、気にかけていただいていることを絶えず感じていることができましたので、「そのうち、いつかは」という気持ちを切らすことはありませんでした。

加えて、目の前の美しい雄大な眺めが変わらずにあることが、私共の気持ちを根底で支えてくれていたのだろうと、あらためて思う日々です。

 

 さて、2022年の年明けは目前。

 毎年、新年には、その年の干支人形(京都伏見人形)を飾り、多少とも晴れやかに賑やかに、佳き日を祝ってきました。

 新年は寅年。今年は、京都「嵯峨面」の寅のお面を求めてみました。厄除けの縁起を担ぎつつ、2022年の十大ニュースには、コロナを忘れたかのような、明るいニュースが並ぶことを切に願ってやみません。

皆様、佳いお年をお迎えください。  

(弓) 

2021・12・29

31 12月

年末に

                          翠の窓vol.206

   

    年末に

 

2021年も残すところわずかとなりました。

今年のSuiの十大ニュースの筆頭は、「店の再開」となるのか、それに先立つ「長期休業継続」の方が思いもよらない出来事に遭遇した体験として上位 になるのか・・・

コロナにうつらないうつさないためには、接客を避けることがまずは最上の道だろうと判断しての休業は、1年半にも及びました。

その間、たくさんのお客様が、いろいろ声をかけてくださったり、店が開いてないかと何度も足を運んでくださったりということもあって、陰になり日向になり、気にかけていただいていることを絶えず感じていることができましたので、「そのうち、いつかは」という気持ちを切らすことはありませんでした。

加えて、目の前の美しい雄大な眺めが変わらずにあることが、私共の気持ちを根底で支えてくれていたのだろうと、あらためて思う日々です。

 

 さて、2022年の年明けは目前。

 毎年、新年には、その年の干支人形(京都伏見人形)を飾り、多少とも晴れやかに賑やかに、佳き日を祝ってきました。

 新年は寅年。今年は、京都「嵯峨面」の寅のお面を求めてみました。厄除けの縁起を担ぎつつ、2022年の十大ニュースには、コロナを忘れたかのような、明るいニュースが並ぶことを切に願ってやみません。

皆様、佳いお年をお迎えください。  

(弓) 

2021・12・29

31 12月

年末に

                          翠の窓vol.206

   

    年末に

 

2021年も残すところわずかとなりました。

今年のSuiの十大ニュースの筆頭は、「店の再開」となるのか、それに先立つ「長期休業継続」の方が思いもよらない出来事に遭遇した体験として上位 になるのか・・・

コロナにうつらないうつさないためには、接客を避けることがまずは最上の道だろうと判断しての休業は、1年半にも及びました。

その間、たくさんのお客様が、いろいろ声をかけてくださったり、店が開いてないかと何度も足を運んでくださったりということもあって、陰になり日向になり、気にかけていただいていることを絶えず感じていることができましたので、「そのうち、いつかは」という気持ちを切らすことはありませんでした。

加えて、目の前の美しい雄大な眺めが変わらずにあることが、私共の気持ちを根底で支えてくれていたのだろうと、あらためて思う日々です。

 

 さて、2022年の年明けは目前。

 毎年、新年には、その年の干支人形(京都伏見人形)を飾り、多少とも晴れやかに賑やかに、佳き日を祝ってきました。

 新年は寅年。今年は、京都「嵯峨面」の寅のお面を求めてみました。厄除けの縁起を担ぎつつ、2022年の十大ニュースには、コロナを忘れたかのような、明るいニュースが並ぶことを切に願ってやみません。

皆様、佳いお年をお迎えください。  

(弓) 

2021・12・29

31 12月

年末に

                          翠の窓vol.206

   

    年末に

 

2021年も残すところわずかとなりました。

今年のSuiの十大ニュースの筆頭は、「店の再

開」となるのか、それに先立つ「長期休業継続」の方

が思いもよらない出来事に遭遇した体験として上位

になるのか・・・

コロナにうつらないうつさないためには、接客を避ける

ことがまずは最上の道だろうと判断しての休業は、1年半にも及びました。

その間、たくさんのお客様が、いろいろ声をかけてくださったり、店が開いてないかと何度も足を運

んでくださったりということもあって、陰になり日向になり、気にかけていただいていることを絶えず感じて

いることができましたので、「そのうち、いつかは」という気持ちを切らすことはありませんでした。

加えて、目の前の美しい雄大な眺めが変わらずにあることが、私共の気持ちを根底で

支えてくれていたのだろうと、あらためて思う日々です。

 

 さて、2022年の年明けは

目前。

 毎年、新年には、その年の

干支人形(京都伏見人形)

を飾り、多少とも晴れやかに賑

やかに、佳き日を祝ってきました。

 新年は寅年。今年は、京

都「嵯峨面」の寅のお面を求

めてみました。厄除けの縁起を

担ぎつつ、2022年の十大ニュ

ースには、コロナを忘れたかの

ような、明るいニュースが並ぶ

ことを切に願ってやみません。

皆様、佳いお年をお迎えください。  

(弓) 

2021・12・29

18 12月

感動ふたたび

                        翠の窓vol.205

    感動ふたたび   

 

「実は結婚30周年で、記念で出かけ

ようと思った所が幾つかあったんです

が、鳥海山が大好きなので、やっぱり

Suiだなと思って来てみました。」

とは、埼玉ナンバー22-36(鳥海山標

高2236m)の車で来店されたご夫婦。

「Suiからの葉書で懐かしくなって、来て

しまいました。」

というご夫婦は、10年ほど前に来店した折に当店で求めたポストカードを自宅に飾っている写真をスマホで見せてくれました。

10月に店を再オープンして以来、このように「懐かしくなって数年ぶりに・・・」と言われるお客様が何組もあって、今この現象は何故か?といぶかしく思う程です。

かと思うと、

「ここは、いつからあるんですか。私はこの下の方に住んでいるんだけど、この店のことは全く知らなくて、こんないい所があったんですね。」

という地元遊佐在住の方には、こちらがびっくり。10数年も耳に入らなかった・・・とは、情報の伝わり方(伝わるも、伝わらないも)っておもしろいなぁと思ってしまいます。

 何年ぶりかで、あるいは初めてSuiを訪れたという、いずれの方々にも、目の前の鳥海山の美しい姿や田園が広がる眺めに感動している様子がうかがえ、この場所が強い印象を残した場であることがわかります。


 この景色を、15年近く朝から晩まで毎日見て暮らしてきた私共にとっても、さすがに見慣れた感はあるものの、日々思わず「すごいなぁ」「きれいだなぁ」と声を上げてしまう瞬間があるのです。

 

さて、ギャラリーでは、2年ぶりに安藤由紀子さんのリースを展示しています。昨年は休業中でしたので、2年ぶりにリースを見に来てくれたお客様が何人もいらっしゃいます。

私共にとっても、何かにつけ懐かしい出会いのある初冬の日々です。  (弓) 2021・12・10

18 12月

晩秋へ

                          翠の窓vol.204

    晩秋へ   

 

今年の鳥海山の紅葉は、例年になく見事だったと思われませんか。

紅葉の紅い帯が、頂から山裾へ向かって下りてくるのが例年のことですが、今年は頂のすぐ下から山裾まで、全面的に紅く染まった様を維持しており、紅い鳥海山を長く観ることができたのです。

雨風の影響が少なく、枯葉が落ちるのが少なかったのかもしれません。

 

昨日、神奈川の知人から、秋の味覚が届きました。

自宅の庭に実ったという、緑の枝葉付きの黄柚子がどっさり。作りたてお手製の柚子胡椒も一瓶入っていました。これこれ心待ちにしていた緑鮮やかな柚子胡椒です。

昨年、初めて作ってみたからと言って分けてくれた柚子胡椒が殊の外おいしくて、市販のものでは味わえない、フレッシュな香りと味わいに、たちまち虜になりました。

それを察して、今年は大きな瓶に入れてくれたのでしょう。

さっそく夕飯に、薄切りの牛肉を軽く焼いたのに大根おろしをたっぷりのせて、この柚子胡椒を添えていただきました。平凡なお惣菜が、おいしい大満足の一品になりました。

 

鳥海山の里は、いよいよ晩秋へ。

Sui周辺の紅葉も見頃です。柿、ラ・フランス、りんご、鮭・・・と、おいしいものも目白押し、秋をたっぷり味わい尽くしたい11月です。 )                 2021・11・11

30 7月

プレオープンへ

                          翠の窓vol.203

    プレ・オープン

5時をまわって、鳥海山の右裾から矢のように光が射してきました。

見る見るうちに、まばゆい光が広がって、朝日が雲をかき分けるように昇っていくと、影絵のように黒々としていた鳥海山の山襞が少しずつ現れてきます。

緑の田も、一気に精気を帯てくるかのようです。

「お客様は、ギャラリーをしているのですか?」

と、唐突に問われたのは、恵比須の美容院のスタッフから。

どうやら、Suiに関するブログを見て、住所が一致することに気付かれたようです。

「素敵な所ですね。行ってみたいです。」との思いがけない言葉にびっくり。店の再開を中半危ぶんでいるところに、グッと背中を押された気分になりました。

また、所用があって出かけた米沢で、気になっていた喫茶店に寄ったときのことです。

小さなギャラリーコーナーを設け、テーブル席が3つのこじんまりした室内は、とてもシンプルで、目につくコロナ対策は、入口に置かれた手指の消毒剤のみ。スタッフの、私共と同年代のご夫妻が、淡々ともの静かにお茶の準備をしています。

2組のお客様たちは、ゆっくりくつろいでいる様子。私たちも何の心配も感じず、お茶の時間を楽しむことができました。

こうして、お店は営業していけるんだなと、心強いエールを頂いた気分なりました。


休業に入って1年5か月、毎日再開の問い合わせや、期待の言葉をかけていただいて、やっと重い腰を上げてみようかと、エンジンをかけ始めています。

皆様のたくさんのあたたかい言葉、この状況下でも何一つ欠けることのない美しい自然に励まされ、Suiも少しずつ精気を取り戻していけたらいいなぁと思っています。 (Y) 2021. 8. 1

   ※ギャラリーで、石田典子さんの新作絵画を展示しています。

   ※森では、末宗美香子さんのインスタレーション展をしています。(海の日→山の日)

09 5月

沢木耕太郎様

                       翠の窓vol.202

沢木 耕太郎 様

 

横浜から移住して13年目、山形の遊佐町に住んでいる者です。

新聞広告で、『旅のつばくろ』が発刊されたことを知り、さっそく本屋さん (町に1店しかない小さな、しかし、私たちにはとっては大事な本屋さんです) に問い合わせると、珍しく早々に入荷しているとのこと。

本屋さんに行く前に、これまで大事にとっておいたJR東日本の情報誌 「トランヴェール」 2016年4月号を取り出してみると、表紙に「エッセイ新連載・旅のつばくろ」とあり、「夢の旅」 (東北への第1歩として、遊佐を訪れたいきさつを書いている) が連載第1号であったことに初めて気付き、ちょっとびっくり。『旅のつばくろ』の第1話として掲載されているのが、誇らしくうれしい気分です。本屋さんには6冊ありましたので、1冊を残して5冊買って帰りました。

 実は、私共は、沢木さんが、遊佐への旅で「最も心動かされたのは、朝日を浴びた鳥海山が、田植え直後の田んぼの水に映っていたことだった」と書かれている、正に、それとほゞ同様の風景が目の前に広がる地に立ち、遊佐への移住を即決したのでした。

 以来13年になりますが、四季折々の眺めはもちろん、夜明けから夜への1日の眺めにも見飽きるということがありません。この素晴らしい景色を大勢の方に見ていただきたいとの思いのみで、ギャラリー・ティールームをオープンしてからは11年になりました。

 今日も快晴で、青空をバックにまだ雪を残す鳥海山がくっきりとそびえている様を見ることができます。山裾には若緑色の帯が生じ始めました。この若緑色の帯は、日に日に山頂に向かって昇っていきます。(秋には、逆に紅葉の赤い帯が山頂より裾野に向かって降りてきます)

田には水が入り始め、沢木さんが遊佐を訪れてご覧になった景色が広がっています。

 庄内平野の水田一面がガラスのように光を反射し輝く様は、秋の黄金の実り一面の眺めに劣らず、圧巻です。

 世情が落ちつきましたら、どうぞまた東北への旅、遊佐への再訪を実現していただけますよう願っています。その折には、是非Suiからの素晴らしい眺めもご覧いただけたら嬉しいです。

 どうぞ、くれぐれもお体大切に、お元気におすごしください。

 しばらく前から店は営業を自粛しており、時間はたっぷりありますので、『旅のつばくろ』でじっくりゆっくり国内旅行が楽しめることでしょう。

          鳥海山の麓から 「深夜特急」以来の隠れファン (Y) 2020. GWに

09 5月

春を待つテーブルに

                        翠の窓vol.201

春を待つテーブルに

 

明日から2月。

いつもなら、2月の声を聞けば、遠からず春は

やってくると心浮き立つ思いになる頃ですが、雪のない1月は、まるで春が来たような錯覚に陥ることもしばしば、2月を迎える感慨がわいてきません。

雪かき不要で楽だなぁという思いも、こんなので大丈夫かしらという不安との背中合わせ。        隣の「舞沼」に白鳥がやって来た

加えて、新型ウィルスの感染が広まっている不安・・・

新しい年が、こんな複雑な思いを抱えての出発になるとは思いもしませんでした。

ともあれ、できることは、地に足をつけ、一日一日を大事に生きていくことでしょうか。

昨日、Suiではお馴染の九谷青窯から、ミモザ柄の器が数種類届きました。不安な気持ちを和らげてくれるような、明るいミモザの黄色に、少し救われるような思いがして、さっそく器のコーナーに並べてみました。

このミモザ柄の器は、昨年から2種類の楕円鉢を置いていますが、とても目を引く色柄のようで、これまで、「あっ、ミモザ・・・」と着目してくださるお客様が大勢いらっしゃいました。

今回は、4寸・6寸皿とマグカップが展示に加わりました。どれも形はシンプルですが、ミモザのやさしい黄色が白地に映えて、テーブルは一挙に春の装いになることでしょう。

特にマグカップは、小ぶりながら他にないユニークな形もかわいらしく、マイカップにしてそばに置きたくなります。

ミモザの小皿においしいお菓子をのせて、マグカップにはお好みのお茶を。ご家族とでも、お友だちとでも、お一人でも、心和むティータイムをお過ごしください。

我が家では、さっそく美味しいほうじ茶と、 

うぐいす餅をセットして、早春のティータイム を過ごしました。  (Y) 2020. 1. 31

02 1月

普段にもハレの日にもお気に入りの器で

                        翠の窓vol.200

普段にもハレの日にも

お気に入りの器で

 

新年おめでとうございます

 

大晦日から雪になるとの予報に、初日の出をあき

らめていたのに、目覚めたら窓の外が明るい❢ 

雲間から青空も見え、既に朝の日が差していて、初日の日差しが広がっていくところを見逃してしまいました、残念

穏やかな年明けにほっとしつつ、まずは、鳥海山に手を合わせるのが、私たちの恒例の初詣です。同じ地に立ち、途切れない時間を経過しているだけなのに、一夜明けて心新まるというのはいいものです。

昨夜、来客があって、おせち用に用意したものをあらかた皆でいただいてしまったので、元旦の今朝は、簡単なおせち料理もどきのワンプレートで済ますことにしました。

用意したお皿は、正木春蔵さんの「双鳥文大皿」。普段から使い慣れたお皿ですが、大ぶりなので、蒲鉾、伊達巻、昆布巻、栗きんとんなど、数種のおせちの定番を盛り合わせることができます。

ワインをお屠蘇代りにしたら、チーズやハムなども一緒に盛り合わせると、ハレの日の思いがけない一皿になりました。

皆様のお宅では、元旦の朝のテーブルがどんなふうにセッティングされたのでしょうか。Suiでお求めいただいた器がお役にたっていたらうれしいです。

今年も、普段にもハレの日にも使っていただける器をご用意できるよう、吟味しつつ、器のコーナーを充実させていきたいと思っています。 

(Y)  2020. 1. 1